「日本人の脳ってすごい!」のすすめ:簡単な英語が分からない時の対処法

簡単な英語ほどMPを削ってくる

英語の小ネタいきまーす!

この英文、パッと読んでパッと意味を理解できるでしょうか??

▼例文

Reporting standards from this area or that area, we’re different, so it’s not really apples to apples.

※この英文は、ENGLISH JOURNAL8月号からお借りしています。

簡単な英語だし、単語じたいは見たことあるものばかりだと思います。

 

受験英語に長けた人ほど、一時停止になりがち

この英文、単語が簡単にも関わらず、受験英語に長けた人ほど「?」となってしまうと思います。

3つに分けて見てみましょう!

 

①Reporting standards from this area or that area

直訳:この地域やあの地域からの報告基準

 

②we’re different

直訳:私たちは違う

 

③so it’s not really apples to apples

直訳:リンゴとリンゴってわけでもない

 

▼繋げてみます。

「この地域やあの地域からの報告基準、私たちは違う、だからリンゴとリンゴってわけでもない」

 

どうでしょう(笑)

 

なんとなく分かるような、分からないような…。

推測で補った方、「だから何?」と思われた方、様々おられることと思います。

 

ポイント:英語の感覚に注意!

ポイント① we = アメリカ人

この英文は、アメリカ人のレポートです。

英語圏の人たちは、「私たちアメリカ人」という意味で「we」を使います。

ちなみに対面で話している時、「あなたたち日本人」のように言いたい場合は「you」を使います。

・your prime minister 日本の総理大臣

・your culture 日本の文化

・your emperor 日本の天皇陛下

・their queen イギリスの女王

などのようにとらえることができます。

 

ポイント② apples to apples

リンゴ→リンゴ。

つまり「同じようなものを比べる」という表現です。

転じて「同じ状況下で比べる」という意味にもなります。

「リンゴどうしを比べるように」ということですね。

日本語にも、悪い意味の方で比喩表現がありますね。

どんぐりの背比べ

目…(以下自重)

 

▼結論

Reporting standards from this area or that area, we’re different, so it’s not really apples to apples.

「うちの国では地域によって報告基準が違うじゃん、だから同じ状況下で比べるってわけにはいかないけど…」

…でした!

 

「日本人の脳ってすごい!」のすすめ

日本語と英語は、あらゆる点で異なることだらけです。

世界で一番古い言語の1つと、一番新しい言語。

発音と文法などの基本的な構造が違う上に、簡単な単語の使いこなし方まで違うんです。

7月にアメリカに行った時、ホストパパとこんな会話になりました。

 

パパ「あれ?チカってビーフジャーキー好きなんだ?いつから?」

私「留学中にオクラホマで食べてから~。」

パパ「へぇ!オクラホマでは朝食にビーフジャーキーを食べるらしいからな!HAHAHAHA!」

私「・・・えっ?」

パパ「えっ!」

 

これ、パパのアメリカンジョークです。

当然私は、一瞬意味が分からなくてフリーズ。

パパはジョークが通じなくてフリーズ(笑)。

気まずい雰囲気が流れました。

 

多分、前の私だったら「ジョークも分からないなんて、私ってダメだ…」と思ってたと思います。

でも、私は日本人なんで、アメリカのジョークは分からなくてもいいやって思うことにしました!

この世界で一番古い言語の1つを母国語として操り、英語にはない曖昧さや情緒を備えている。

その上アメリカンジョークまで理解しようなんて、なんて欲張りなんだろう(笑)、ということです。

 

日本人の脳はすごいんですよ!

英語という、全く異なる言語を聞くたびに脳内で推測の力を借り、暗号を解くように「解読」していると言えます。

「英語が理解できない」と足りない部分にフォーカスするのはやめて、「日本人の脳すげー!」と思いませんか?

ここのブロックを外すことは、意外に言語上達のキーかもしれません!

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!