蚊取り線香とお月見を楽しんだ話。

蚊にさされました…15箇所くらい。

私、今までの人生であんまり蚊にさされたことがありませんでした。
他の人みんながさされていても、1人だけ平気な事もたくさんありました。

が、今年はこの数日で15箇所。
体質が変わってしまったようです(笑)

 

蚊取り線香を買ってきた。

そこで彼と相談して、虫よけグッズを置こうという話になりました。
2人とも田舎出身なので、馴染み深い蚊取り線香を迷わずチョイスしました(笑)。

家が2階建てのアパートなので迷ったのですが、今奇跡的に蚊取り線香を置いても迷惑にならない状況が整っているので(上と隣が空き部屋だったり色々)、今年は週末の夜の少しの時間だけ焚こうと思います。

蚊取り線香の匂いは好き嫌いが分かれるところだと思いますが、私はあの独特の匂いがとても好きです。
子供の頃、夏になると祖父がよく焚いていました。
なので、20年ぶりくらい?で、蚊取り線香の匂いをかぐことができました。

 

変わらないものがあるのは嬉しい。

タイミングのいいことに、今夜は満月でした。
蚊取り線香を窓のそばに置いて、家の電気を全部消して、窓のそばでお月見と洒落込みました。

風は気持ちよく入ってくるし、隣の畑にある木の葉っぱが揺れる音も聞こえてくるし、月は綺麗で、とても良い時間を持つことができました。

日本語にも、「風情」とか「風流」などの言葉があります。
「風の情」で風情、「風の流れ」で風流です。
そう考えると、日本人は昔から、風を感じて生きてきたのかな?と思わされます。

私は基本的に冷めているので、「世の中に変わらないものなんてない」と普段は考えがちなのですが、今日は「変わらないものがあるっていうのは、とてもいいことだな」と思いました。

 

満月を見ていて自然に思い出すこと。

電気を消して、蚊取り線香をつけて満月を見ていたら、なんだか色んなことを思い出しました。

子供の頃のことや、亡くなった祖父のこと。
可愛がってくれた近所のおじいちゃん達のこと。
亡くなった友人のこと。

…亡くなった人達のことを、たくさん思い出してしまいました。

その後で、満月とか昔の思い出とか、気にする暇もないくらいバリバリ働いていた去年までの自分を思い出しました。
月見をして亡くなった人を思い出すなんて、去年までの自分からでは考えられないなと思いました。

人間も自然の一部だから、自然の流れの中で生きていった方がいいなと思ったりしました。

 

おまけ:戦士×僧侶の会話。

RPGからの例えで、私が戦士で彼が僧侶、というのを最近気に入って使っています。
私はすごく攻撃的で、彼が平和的だからです(笑)。

今日、月を見ながら、

「ねぇ、月の神さまの名前知ってる?」
『・・・。ムーン?』
「違うよ!月詠命(ツクヨミノミコト)だよ!」
『・・・。日本語かよ!』
「当たり前じゃん日本人なんだから!」

という会話を繰り広げました。

もちろん「月の神さま」について語っているのが私なのですが…内容だけ見ると、私の方が僧侶っぽいなと思いました(笑)。
私、戦士から僧侶にジョブチェンジします。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!