町医者から昭和を思った1日

8月は初旬から夏風邪を引き、ずっと体調がイマイチだったのですが、1週間程前からさらに悪化してしまっていました。

謎の湿疹が辛くて我慢できなくなったので、今日は地域の皮膚科に行ってきました。

 

町医者からなんとなく昭和を思った

小さな町の診療所といった感じの、ちょっとレトロな医院でした。

受付は18:30まで
到着が17:45
診察が21:10(!)

というタイムスケジュールでした(笑)

明らかに皆さんお疲れのご様子でしたが、本当に丁寧に診てもらい、対応してもらって、心の底から「遅くにありがとうございます」と言いたくなるような病院でした。

向かいの調剤薬局も、おそらくその病院に合わせて開いていて、無事薬もゲットでき、しかもこの薬局の皆さんもとても親切丁寧で、「あー地域の病院も捨てたもんじゃないな」と勝手に感動しました。

なんだか差し入れしたい気分にまでなってしまい、「何がいいかな?」と考えてふっと浮かんだのがおにぎりとか肉じゃがで、流石に本当に差し入れはしてませんが、昭和の時代はこんな感じだったのかな?と想像したりもしました。

地域に根づいた町医者があって、商店街とかの肝っ玉母ちゃんが「どうせごはん食べてないんでしょ!?」と言っておかずを持ってくるような(笑)

私が小さい頃に住んでいた祖父母の家は商店街で、4歳か5歳くらいまでは、祖母が近所の人とこんなやり取りをしていたような気がします。

 

余談:皮膚は「第二の脳」らしい

ほぼ3時間待ちだったので、地元の本屋さんにフラッと入ったら、「皮膚は「心」を持っていた!」という本を見つけ、買って喫茶店で読みながら待ちました。

皮膚は「第二の脳」と言われているそうです。

私は皮膚が少し敏感で、たまに謎の湿疹に苦しめられるので、何かヒントが見つかるといいなぁと思いながら読んでいます。

心理的な勉強や探求も着々と進んでいるし、次は身体の勉強でもするかなーと思う今日この頃です。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!