「社員の力を信じてる」から、自分らしさを発揮する世界へ

本当の「信じる」って何だろう?

ふと「社員の力を信じてる」という言葉を思い出しました。

会社勤めをしていた頃、よく会社トップの人たちが言っていた言葉です。

「信じる」って、何なのさ。

…と、その言葉を聞くたびに思っていました。

なんだか良さげな言葉には聞こえるけれど、何故かプレッシャーを感じてしまう。

無言の重圧を感じてしまうことが多かったような気がします。

 

「信じている」に隠れた意味

昔、部下に相談を受けた時に、私も同じように伝えたことがあります。

「スタッフの力を信じてる」

「多少の失敗は大丈夫、クレームも私が処理をする」

「目の前のクライアントさんの英語に寄り添って、やりたいように存分にやっていい」

「でも会社のメソッドは守ってね」

・・・。

スタッフの力を信じてると言ったのは、半分本当で、半分嘘でした。

教え心があって能力もある人が、自信がないせいで力を発揮できないのを見ていると、「もっと力があるんだから、存分にやって!」と言いたくなりました。

でも一方で、会社のブランドイメージを傷つけるようなことをされたりすると、腹がたつこともありました。

会社の創立者でもない単なる「1ファン」の私でさえそうだったのだから、きっと会社を作った人は、もっと強い愛情を会社に感じているんだろうと思います。

 

強い会社愛の上で発せられる、「社員を信じる」という言葉

その会社への強い愛情の上で発せられる、「社員の力を信じてる」という言葉。

会社と、会社のブランドやイメージが好きであればあるほど、それは

「あなたが会社色に染まれる人だと信じている」

「会社のイメージを、あなたが何よりも大事に守ると信じている」

「そうすることで、あなたがもっと良い人材に育つと信じている」

という意味を含みはしないでしょうか。

マーケティングのため、ブランディングのために、会社のために変わってくれると信じている ――。

この意味が含まれた時、「社員の力を信じてる」という一見よさげな言葉が、プレッシャーになってしまうのではないかと思います。

 

会社色より「自分の色」!

大阪でセミナーをした時、やっている内容じたいは会社員時代とあんまり変わらないのに、めっちゃ楽しいと感じました。

会社のブランディングを気にせず、やりたいようにやれて、言いたい事を言える。

それで来てくれた人が「ありがとう」と言ってくれる。

こんなに楽しくていいのかな?って思いました。

本当の「力を信じる」の意味はきっとこういうことで、「自分らしさを発揮すれば、世界がより良くなる」なんじゃないかなと、最近感じます。

 

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!